gooood访谈专辑第三十四期 – 伊东丰雄

回归自然,追求原始的力量感,创造现代主义之后的建筑新思想。

项目标签

位置:

gooood团队采访世界各地的有趣创意人,欢迎您的推荐和建议。第34期为您奉上的是 伊东丰雄建筑设计事务所 创始人伊东丰雄 的访谈,更多关于他,请至:Toyo Ito & Associates, Architects on gooood

gooood team interviews creative from all over the world. Your recommendations and suggestions are welcomed! gooood Interview NO.34 introduces Toyo Ito , founder of Toyo Ito & Associates, Architects. More: Toyo Ito & Associates, Architects on gooood

出品人:向玲 | Producer: Xiang Ling
合作编辑:胡佳林 | Coorporate Editor: Hu Jialin
摄影:杨颂南 | Camera: Yang Songnan

编辑团队:陈诺嘉,武晨曦,石安 | Editor: Chen Nuojia, Wu Chenxi, Shi An

 

 

Interview
gooood x Toyo Ito

 

 

▼视频,Video
Youtube: https://www.youtube.com/watch?v=CeYmrfSBrws

 

 

_________________
伊东丰雄设计理念的演变
Development of Ito’s design philosophy
伊東豊雄の建築思想の進化

 

“‘和自然的关系’是我一直以来思考建筑的主题,只是目之所及的外在表现常有不同……现在我回到了‘很想做出具有力量感的作品’的状态,追求着某种原始的东西。”

“The ‘relationship with nature’ has been the constant theme in my idea about architecture though they may look different in external appearance…I’m now returning to the stage to create something dynamic, seeking for something archaic.”

“僕はずっと変わらず、自然との関係をテーマにしながら建築を考えてきました……今は力強いものをつくりたいという気持ちが戻ってきているので、アルカイックなものを求めているのかもしれません。”

 

1.
伊东先生的建筑风格一直处于变化的状态之中,相对于这种“变化”,有哪些“不变之物”?
Throughout your career, various ground-breaking projects have been made. Compared to those everchanging parts, what do you consider to be the parts that have never changed?
伊東さんの建築のスタイルは常に変化していると思います。その変化に対し、不変的なものはありますか。

虽然浮于表面的建筑表达一直在发生着变化,但我的建筑思想是不变的。反过来说,即便我很想改变自己的思维,却也是有心无力,大抵所谓人类是没有办法轻易改变自己的想法的吧。人类育成于自然之中,在很长时间里都和自然有着亲密的关系,然而现代建筑却是与自然相背离的。我长久以来都对此抱有疑问。“和自然的关系”是我一直以来思考建筑的主题。虽然从表面上看我的建筑各有不同,但究其内里,大多都是“可以让人联想起自然”的建筑空间。在这个意义上,这是我的不变之物,只是目之所及的外在表现常有不同。我觉得一直重复做同样的风格是缺乏创造力的表现,很是无聊。

I could say that my expressions of architecture are constantly changing, but my philosophy remains the same. On the other hand, even if I am willing to change my way of thinking, I’m not able to do it. I think this is probably the case with all human beings that we can’t be changed easily (laughs). Humans are nurtured in nature and have an intimate relationship with nature in their lifetime. However, modern architecture shows a departure from nature. It is one of the issues that I have long questioned, in other words, the “relationship with nature” has been the constant theme in my idea about architecture. My projects may look different, but I have been trying to create the inside space to be “reminiscent of nature.” I think it is a lack of creativity to repeat the same style. It’s quite boring (laughs).

表に現れる表現は変わっていますが、僕の建築思想はそんなに変わらないと思っています。逆に変わりたくても変えられないですよ。人間が考えていることはそんなに変えられないと思います(笑)。すなわち、自然の中で人間は育って、いつも自然と親しい関係を持っているのにも関わらず、現代建築は自然から離れてしまっていることに対する疑問はいつも持っています。僕はずっと変わらず、自然との関係をテーマにしながら建築を考えてきました。一見関係ないようでも内部には、自然を連想させるような空間をずっとつくってきたつもりです。でも一見した表現は毎回違っていますね。同じことを繰り返しているのは、クリエイティブではないし、退屈です(笑)。

▼伊东丰雄部分代表作品
selected architectural projects designed by Toyo Ito
伊東豊雄の建築作品セレクション

 

2.
伊东先生的建筑生涯历过哪几个阶段?各自有什么样的特点?
What are the stages of your architectural career? What are the characteristics of each stage?
自分のキャリアを段階的に分けるとすると、どのような段階がありましたか?それぞれの段階にどのような特徴がありますか。

曾有人说,从宏观角度去看文化的发展,能发现存在着“轮回”。从混沌未开的原始时代到形式和风格得到高度发展的文艺复兴,然而随之而来的巴洛克时代却将其打破,最后,迎来华丽颓唐的洛可可。有人认为,像是这样时代的发展其实是一种周而复始的轮回。我觉得在某种程度上这种发展逻辑也适用于我的职业生涯。如果让现在的我去设计出“中野本町之家” 这样“乱来”的作品,恐怕是很困难的。虽然我现在或许没有了在生涯初期那种初生牛犊的大胆,但我依旧回到了“很想做出具有力量感的作品”的状态,追求着某种原始的东西。

It has been said that a macroscopic view of cultural development can reveal its “circularity”. From the primitive archaic age to the Renaissance, forms and styles had been highly developed, only to be broken up by the Baroque era, followed by the magnificent but decadent Rococo. Some people believe that evolution is in fact a cycle of such repetition, and I think in a way this kind of logic also applies to my career. It is scarcely possible for me to design something as “crazy” as the White U House today (laughs). Maybe I no longer have the same boldness as of the very early days of my career as an architect, but I’m now returning to the stage to create something dynamic, seeking for something archaic.

これは僕が言ったことではないのですが、大きな文化にはサーキュレーションがあり、アルカイックで原始的な時代、それからルネサンスみたいに形式とスタイルをはっきりさせている時代、そしてそれが崩れていくようなバロックの時代、最後にロココのようなすごく爛熟した時代があるそうです。そういうふうに時代を繰り返すんだと言っている人がいて、ある程度は当たってはいるのですが、僕の場合も、最初に作った「中野本町の家」のようなものを今デザインできるかと言うと、こんな無茶なことはできないと思います(笑)。初期に何も知らずにつくった大胆なことは今はなかなかできませんが、力強いものをつくりたいという気持ちは戻ってきているので、アルカイックなものを求めているのかもしれません。

▼伊东丰雄早期作品 – 中野本町之家
Early project by Toyo Ito – White U
伊東豊雄の初期作品 – 中野本町の家 Courtesy of Toyo Ito & Associates, Architects

 

 

_____________
空间的“轻”与“重”
The “Lightness” and “Heaviness” of space
空間の「軽さ」と「重さ」

 

“我现在其实不太认为所谓的‘轻’、‘重’对自己有着多么重大的意义……‘洞窟一般的建筑’更贴近我的本质。”

“It is now not so important for me to say what is light or heavy…I think cave-like spaces are more relevant to the nature of my personal sensibilities.”

“今は「軽い」、「重い」と言うことに、それほど重要な意味があるとは思っていません……「洞窟のような建築」こそが自分の本質ではないかと思うようになりました。”

 

3.
伊东先生过去的建筑经常被评论为“透明”、“轻质”,您最近却经常提到自己的本质也许是“洞窟一般的建筑”,和过去的评价恰恰相反。您是如何定义空间中的“轻”与“重”的呢?“轻重”的背后有着怎样的思考呢?
While your early architectural works have often been described as “transparent” and “light”, you have recently frequently referred the essence of your creation as perhaps “cave-like architecture”, which is in contrast to the past common view. How do you define the “lightness” and “heaviness” of a space? How can it reflect your thinking and philosophy?
伊東建築は「軽さ」 や 「透明性」 があると言われてきましたが、最近、実はそれと真逆で、洞窟のようなところに自分の本質があるかもしれないと仰っています。空間の「軽さ」と「重さ」というのは何を指していますか?その「軽さ」と「重さ」の背景には、どのような考えがあるのでしょうか。

我现在其实不太认为所谓的“轻”、“重”对自己有着多么重大的意义。80年代是日本的经济泡沫时代,在那个时代的建筑有着很强的“临时性”——即使建造起了,也很快就被摧毁。在那时,我想做出能够适应那个时代、与时代相呼应的建筑,于是试图将自己的建筑做出“临时性”的氛围,认为“像空气一般的建筑”,“无根的建筑”是好的,对“轻质”、“透明性”有着很深的执念。但实际上从事了建筑50年,再回头看这些,我意识到,其实和自己的身体性关联最深的是“如同洞窟一般的建筑”,也就是只有内部、没有外观的建筑。我渐渐发觉,其实这样的建筑才更为贴近自己的本质。做了洞窟似的建筑后,会想接下来要做一些地面上的、更加轻盈的东西,但结果设计出来的还是仿佛钻入地下的建筑。如此往复至今,我认为果然“洞窟一般的建筑”更贴近我的本质。

It is now not so important for me to say what is light or heavy. In the 1980’s, Japan was in the economic bubble, and it was a time when all architecture was strongly defined by “temporariness” — it would be torn down almost immediately after being built. I wanted to create buildings that were appropriate for that time, trying to endow them with an atmosphere of “temporariness”. I thought something airy and rootless would suit the taste of the times, and in some way I was particular about the idea of “lightness” and “transparency”. However, when looking back on the projects that my team and I have finished in the past 50 years, I have come to realize that what is most close to my sensation is the “cave-like architecture”, that is, the architecture that has only “inside” but no “outside”. I think cave-like spaces are more relevant to the nature of my personal sensibilities.

今は「軽い」、「重い」と言うことに、それほど重要な意味があるとは思っていません。80年代の日本は経済的にバブルで、建築は全て仮設的、建ててもすぐに壊されてしまうような時代でした。その時代にふさわしい建築をつくろうと考えた時に、自分の建築も仮設的な雰囲気を持ったものをつくりたいと思いました。とても軽く、空気のような建築、根が生えてないような建築の方がいいだろうと思い、「軽さ」や「透明感」に非常にこだわりがありました。でも、建築を始めて50年経ってみると、一番自分の身体性に関わる建築は「洞窟のような建築」、つまり「内部だけがあって、外がないような建築」、そんな建築こそが自分の本質ではないかと思うようになりました。「洞窟的なもの」をつくると、今度は地上に出て軽いものをつくりたいと思うのですが、結局、また地下に潜っていくような建築になる、ということをずっと繰り返しています。今になって、やはり洞窟的なものが自分の本質ではないかと考えるようになりました。

▼追求轻盈的建筑 – 银色小屋
Architecture with lightness – Silver Hut
軽い建築 – シルバーハット Courtesy of Toyo Ito & Associates, Architects

▼追求轻盈的建筑 – 八代市立博物馆
Architecture with lightness – Yatsushiro Municipal Museum
軽い建築 – 八代市立博物館·未来の森ミュージアム Courtesy of Toyo Ito & Associates, Architects

▼洞窟一般的建筑 – 台中歌剧院
Cave-like architecture – Taichung Theater
洞窟のような建築 – 台中歌劇院 ©Kai Nakamura

▼台中歌剧院室内空间
interior of Taichung Theater
台中歌劇院の内部空間 above: ©Kai Nakamura, below: Courtesy of Toyo Ito & Associates, Architects

 

 

_____________
对现代主义的反思
Rethink of Modernism
モダニズムについて

 

“我虽然深受现代主义思想的影响,但是却一直想回归到‘亲近自然’的状态……现代主义和全球化经济捆绑在一起,已然丧失了生命力……我觉得创造出现代主义之后的新思想是极为重要的。”

“Despite being strongly influenced by modernist philosophy, I have always wanted to return to an intimate relationship with nature…Modernism has now lost its vitality and yet is tied to the globalized economic system…It is extremely important to establish new architectural ideologies in the era after modernism.”

“僕はモダニズムの建築思想に随分影響されて建築をつくりましたが、それをもう一度自然と親しいものに変えていきたいといつも思っています……今モダニズムの思想はグローバルな経済システムと結びついて、生命力を失っていく……僕はモダニズムの次の、新しい思想をつくっていくことがとても大事だと思っています。”

 

4.
伊东先生的仙台媒体中心,时常被评论为超越了现代主义的作品。对于伊东先生而言,现代主义有何意义?对于今日的日本而言,现代主义是否还拥有其生命力?
The Sendai Mediatheque has been praised as a project beyond modernism. What is the meaning of modernism to you? Does modernism still have its vitality in today’s Japan?
伊東さんはモダニズムを見てきただけではなく、モダニズムの経験者でもあります。「せんだいメディアテーク」はよく「モダニズムを超えた建築」と言われています。伊東さんにとってモダニズムはどのようなものですか?今の日本ではモダニズムにはまだ生命力があるでしょうか。

现代主义最有活力的年代,正好是我的学生时代。接受了现代主义建筑的教育,想必直到现在现代主义的影响也隐约体现在我的建筑之中。但其实我一直想要挣脱现代主义的桎梏。究其缘由,现代主义的思想是从西方传入的思想,尤其对于“建筑和自然的关系”和我们的思考方式极为不同。创造出现代主义理论的人们信奉“建筑应该与自然脱离,在自然之外重建一种秩序”。然而,与之相对,对于亚洲、至少是东亚、东南亚的人们而言,我们一直以来都是和自然融为一体地生活。我们热爱着自然,自然虽然有时会露出可怕的一面,但我们始终和自然极为亲近。从城市的角度来看,西方城市和东方城市也呈现出完全不同的面貌,建筑也是如此。我虽然深受现代主义思想的影响,但是却一直想回归到“亲近自然”的状态。

The most dynamic era of modernism coincided with my student days. I received the education of modernist architecture, and the influence of modernism is still vaguely reflected in my architecture today. But in fact, I have always wanted to break free from the shackles of Modernism. Investigating to its reason, I think it is because the ideas of modernism were imported from the West, and in particular, its perception on “the relationship with nature” was very different from our way of thinking. People who created the theory of modernism believed that “architecture should be detached from nature to rebuild an order elsewhere”. In contrast, for people in the East and Southeast Asia, although I’m not familiar enough with China to say so (laughs), we have always been living in harmony with nature. Nature can sometimes show its scary side, but it never stops us from maintaining a close relationship with it. Humans love nature. From the perspective of cities, there is a huge difference in the urban appearance between the Western cities and Eastern cities, as well as in their architecture. Despite being strongly influenced by modernist philosophy, I have always wanted to return to an intimate relationship with nature.

僕はモダニズムが一番元気な時代に学生でした。建築を学び始めて、今でもやはり自分の建築はどこかでモダニズムの思想を引き継いでいると思いますが、でもそこから脱したいといつも思っています。なぜかと言うと、モダニズムは西欧から輸入された思想で、自然から切り離されて、内部に別の秩序を作るということを大変重要なことだと考えてきた人たちの思想です。それに対して、アジアの人たちは、中国はよく分からないけれども(笑)、東アジアや東南アジアの人たちは自然といつも一つになって暮らしてきました。自然は怖いものでありながら、親しいものでもあり、自然を愛しながら暮らしてきました。都市のあり方を見ると、西洋の都市とアジアの都市は全然違う。建築も同じで、僕はモダニズムの建築思想に随分影響されて建築をつくりましたが、それをもう一度自然と親しいものに変えていきたいといつも思っています。

▼仙台媒体中心
The Sendai Mediatheque
せんだいメディアテーク Courtesy of Toyo Ito & Associates, Architects

日本社会中,不敢说百分百,也至少有百分之九十五被现代主义思想所覆盖。特别是3・11大地震之后的复兴工程,让我对这一点深有感触。做防潮堤也好,做临时住宅也好,复兴工程都着重于将人们和自然彻底分离。我觉得如果一直这样发展下去,日本会变得越来越糟糕。现代主义和全球化经济捆绑在一起,已然丧失了生命力,仅仅被用来建造超高层建筑等巨大构筑物,或者服务于城市再开发,失去了现代主义初期为人类而改变的精神内核。我觉得创造出现代主义之后的新思想是极为重要的。

As far as the Japanese society, I dare not say 100%, but at least 95% of it is dominated by modernist values. I felt deeply about this particularly after the great earthquake and tsunami on March 11, 2011. Constructing the tide embankments, setting up the temporary housing, the post-disaster reconstruction again focused on separating people from nature, which in my opinion will push Japan into an even worse situation. Modernism has now lost its vitality and yet is tied to the globalized economic system, embodied in massive structures, skyscrapers, or city redevelopments. It has run counter to its spiritual core at the beginning that dedicated to human beings. In this sense it is extremely important to establish new architectural ideologies in the era after modernism.

日本の社会では、100%とは言いませんが、95%以上はモダニズムの思想に覆われています。特に僕がそれを強く感じたのは東日本大震災の後です。防潮堤や仮設住宅など、自然と人の住む環境を切り分けてしまうような復興の仕方をしていて、これでは日本はダメだと思った。今モダニズムの思想は生命力を失いながらも、グローバルな経済システムと結びついて、超高層のような巨大建築、都市を再開発していくような建築に使われていています。初期のモダニズムが持っていた人間のために変えていこうという精神を失ってしまっていると思うのです。僕はモダニズムの次の、新しい思想をつくっていくことがとても大事だと思っています。

▼仙台媒体中心,不规则的筒状结构形成一种不同于现代主义的自然感
Sendai Mediatheque, the irregular tubular structure creates a sense of nature which is different from typical modernism buildings
せんだいメディアテークでは、不規則なチューブ構造体によって、モダニズムと異なる感覚を生み出した Courtesy of Toyo Ito & Associates, Architects

 

 

_________
建筑的时间性
The Temporality of Architecture
建築の時間性について

 

“我一直想要做出随使用者的不同而变化的建筑……我倾向于尽量消解墙壁的存在,做出连续而流动的空间。”

“I have always wanted to create architecture that can provide people with varying experiences…I tend to minimize the presence of walls and make buildings that have continuous and flowing spaces.”

“人によって違う建物ができていく、そういう建築をつくりたいといつも思っています……できるだけ壁をなくして、連続していくような空間をつくりたい。”

 

5.
不同的场所流动着不同的时间。好的建筑往往是四次元的,多出来的那个次元便是时间。去伊东建筑的现场,总是感受到某种独特的时间性。您是如何考虑建筑中的时间性的?
Time flows differently in different places. Good architecture always includes the extra dimension of time. When we visit your architecture, we are always impressed by the unique feeling of time. What is your perspective on the temporality of architecture?
京都の庭と東京の街中の時間感覚が全く違うように、場所ごとに違う時間が流れているように思います。いい建築は三次元ではなく四次元のもので、時間もひとつの次元として考えるべきです。伊東建築には独特な時間が流れていると感じます。建築の時間性について、どのような考えがありますでしょうか。

我在创造自己的建筑时,不会想起日本的建筑,而是时常想起日本的庭院。在日本的庭院中,存在着诸如茶室、休憩所、石头和树木等各式各样的元素,根据不同人各自的体验,呈现出属于每个人自身的庭院空间。不同的体验者看到的事物不尽相同,行走方式和行走速度亦各有所好,从而获得不同的时间感知。我想将这同样的道理用在我的设计之中。对于我而言,我是在用“体验的总和”构筑自己的建筑。我一直想要做出随使用者的不同而变化的建筑,对于用墙壁明确划分出一个接一个房间的建筑比较排斥。我倾向于尽量消解墙壁的存在,做出连续而流动的空间。

和歌舞伎不同,在能剧的空间中,时间的流动异常缓慢,却持续不断地一点点变化着。我很喜欢这样的空间。那些像是摇滚一般节奏感很强烈的空间,我完全无法接受。如果用歌曲比喻的话,我更喜欢演歌。

When working on the projects, what comes to my mind are not Japanese traditional architecture, but often Japanese gardens. In these gardens, there are various elements, such as tea house, summerhouse, stones, trees, etc., that present a courtyard space of their own depending on people’s individual experiences. The scenery will vary with the person who experiences the garden, since everyone has a different way and speed of moving. I would like to apply the same philosophy in my architectural work. For me, to design a building is to design the “sum of experience”. I have always wanted to create architecture that can provide people with varying experiences. That is also why I’m averse to buildings whose spaces are rigidly separated by walls like “OK, this is the first room, and then the next one”. I really don’t like that. I tend to minimize the presence of walls and make buildings that have continuous and flowing spaces.

Unlike the movement of Kabuki, the Noh performers act quite slowly and enduring. In the space of Noh, time passes abnormally slowly, but it continues to change in a subtle way. That is exactly my favorite type of space. It is completely impossible for me to accept spaces with intense beats like rock music. Talking about songs, I prefer Enka with sedate rhythm (laughs).

僕は自分の建築を考える時に、日本の伝統的建築より、庭園を想い浮かべます。日本の庭園は茶室や休憩所、石や樹木など様々なエレメントがあり、それらを人々が経験することによって、一つの庭園という自分の空間をつくるわけです。経験する人によって、見るものも少しずつ違うし、歩き方やスピードも違うので、その人のつくり上げる空間感覚は変わってきます。それと同じようなことを僕は建築でやろうと思っていて、だから自分にとっては「経験の総和」で自分の建築をつくっていこうと思ってるんですね。人によって違う建物ができていく、そういう建築をつくりたいといつも思っています。壁によって区切られて、「はい!次!」、「はい!次!」という建築はつくりたくありません。できるだけ壁をなくして、連続していくような空間をつくりたい。

歌舞伎と違って、能の空間はすごくゆっくり時間が流れていて、でも常に変わり続けている。そういう空間が好きなんです。アメリカのロックとか、「ガン!ガン!」というリズムで作られているような空間は僕は苦手ですね。歌だったら、演歌みたいなゆったりしたリズムの方が好きですし(笑)。

▼消解墙壁的建筑 – 岐阜媒体中心
Architecture with minimized presence of walls – Gifu Media Cosmos
壁のない建築 – みんなの森 ぎふメディアコスモス ©Kai Nakamura

▼岐阜媒体中心室内
interior of Gifu Media Cosmos
ぎふメディアコスモスの内部空間 ©Kai Nakamura

▼消解墙壁的建筑 – 多摩美术大学图书馆
Architecture with minimized presence of walls – Tama Art University Library
壁のない建築 – 多摩美術大学図書館 ©Ishiguro Photographic Institute

▼多摩美术大学图书馆室内
interior of Tama Art University Library
多摩美術大学図書館の内部空間 ©Ishiguro Photographic Institute

 

 

________
“大家的家”
“Home-for-All”
「みんなの家」

 

“公共建筑其实就是放大版的‘大家的家’……对于像东京这样的大都市,‘小范围社群’的创建也是非常重要的课题。”

“I have come to regard public buildings as enlarged versions of Home-for-All…In big cities today like Tokyo, the creation of “small communities” tends to become an important task.”

“公共建築は大きな「みんなの家」のようなものだと思うのです……小さなコミュニティというのは、東京のような大都市でもすごく重要なものだと思っています。”

 

6.
今年是311地震十周年。您在东日本大地震之后设计了一系列的大家的家项目,十年过去了,回头来看这些项目有哪些不一样的感触?
Ten years have passed since the Eastern Japan Earthquake. You have designed a series of “Home-for-All” projects after the earthquake. Looking back on these projects, what different ideas do you have on this subject?
今年は東日本大震災十周年です。震災の後、伊東さんは「みんなの家」というプロジェクトをつくりました。十年経って、そのプロジェクトに関して新たな感想はありますか。

“大家的家”是当时我作为一个建筑师,在思考能不能为地震失去家园的人们做点儿什么的时候,推行的一个项目。过了十年,我开始觉得公共建筑是不是都应该像“大家的家”那样。说起最近的公共空间,比方说图书馆,人们不再是为了看书而去图书馆,反而是“聚集了很多人”这件事本身更有意义;又比方说歌剧院,虽然在设计的时候会努力做出音响效果优秀的剧场空间,但是人们来到歌剧院也许并非是为了听音乐会或观看戏剧,只是在公用空间里玩耍或休憩。没有具体使用目的的空间反而每天都会有很多人到访。小孩子来了,老人也会开心地前来,就像是一个巨大的家庭。在这个意味上,我最近慢慢觉得公共建筑其实就是放大版的“大家的家”。如果要做出一个让人们身心舒适、一整天都想待在里面的空间,就会回到我们刚刚谈论的有关自然的问题。亚洲人的建筑空间必须和亚洲的自然观紧密相连。将这一切统称为“大家的家”,实在是十分巧妙,虽然当初取这个名字的时候并没有想那么多。

The “Home-for-All” is a project that I have been involved since I was thinking about what I as an architect could do for the people who lost their homes and towns in the earthquake. After ten years, I’m now wondering if public buildings could be interpreted as Home-for-All. When it comes to public spaces these days, such as libraries, are no longer a place where people come by only for reading books, but the fact of “gathering” has become more meaningful. As another example, I always plan theatrical and performance spaces with great acoustics when designing theaters, but people who use them may not be there for watching concerts or plays. Instead, they just drop by and have a relaxing time at the foyer etc., enjoying a shared place to recreate and relax. A space that has no specific practical purpose sometimes attracts more visitors. As elderly people gladly gather where children play, the place becomes like a big home. That is why I have come to regard public buildings as enlarged versions of Home-for-All. Creating a space where people feel comfortable to stay all day and where human and nature has close relationships, I believe this all leads to the conception of architecture and nature in Asia. I increasingly think that “Home-for-All” is really a good name, although I just came up with it casually.

当時、建築家として家や街を亡くした人々のためにお手伝いできることはあるだろうか、と思って考え始めたのが「みんなの家」です。十年経って、公共建築は「みんなの家」のようなものであるべきではないかと思うようになりました。最近の公共建築は、例えば図書館でも本を読むためだけに行くわけではないし、そこに様々な人が集まってくることの方が大きな意味を持っている。劇場もつくる時には音響のいいホールをつくりたいと考えるのですが、それを利用する人たちは必ずしもコンサートや演劇を見に来るわけでもなくて、ホワイエで遊んだりと、目的のない空間の方が毎日人が来てくれます。小さい子どもがいるとお年寄りも喜んで来るというふうに、大きな家族みたいになっているんですね。ですから、公共建築は大きな「みんなの家」のようなものだと思うのです。居心地が良く終日でもいられるような建築をつくるとか、自然との繋がりとか、アジアの人の建築観や自然観と繋がっていくと考えることができます。それらすべてを総称して、「みんなの家」という言葉はすごくいい言葉だと思い始めたのです。何気なくつけたのですが(笑)。

▼(左)宫城野区“大家的家”,(右)岩沼“大家的家”
(left) “Home-for-All” in Miyagino,(right) “Home-for-All” in Iwanuma
(左)宮城野「みんなの家」、(右)岩沼「みんなの家」 left: Courtesy of Toyo Ito & Associates, Architects, right: ©Infocom

 

7.
如果邀请您为covid19疫情的灾后创建一个大家的家,治疗人们的精神与心灵,它大概是什么样的呢?
If you are commissioned to design a “Home-for-All” project after the pandemic to cure the spirit of people, what would it be like?
コロナが落ち着いた後、人々の心を癒す「みんなの家」の設計を依頼されたら、どのような建築になりそうですか。

今年正好是东日本大地震十周年,我们打算在仙台市内建造一个“大家的家”。原本计划在2月份于“仙台媒体中心”举办一场研讨会,与仙台的人们探讨相关事宜,但由于疫情的原因延期了,目前暂定是今年秋天。届时,我们会提出“大家的家”的设计方案。将空屋改造成“大家的家”也是一个不错的选择,在较小的范围内能有一个和身边的人聚在一块儿聊天的地方,这在地震或海啸的时候会很有帮助。

我现在住在东京的公寓里,既有见面会打招呼的人,也有完全不交流的人。我养着一条狗,因此和狗主人之间比较熟悉,其他人基本上就只有一面之交。对于像是东京这样的大都市,“小范围社群”的创建也是非常重要的课题。

On the 10th anniversary of the Great East Japan Earthquake, I had planned to hold a talk event at the Sendai Mediatheque and wanted to discuss building another Home-for-All in Sendai City. Although I planned to talk about this with the stakeholders in Sendai, the event was postponed due to the epidemic. We may be able to reschedule that symposium to this fall, and then I would like to propose this project. Even through a renovation of an old house, meetings and discussions among people in a relatively small scale community can be a help when an earthquake or a tsunami occurs.

I now live in an apartment in Tokyo with my dog. I get close to my neighbors with dogs, while I know the face of the others but rarely speak. In big cities today like Tokyo, the creation of “small communities” tends to become an important task.

東日本大震災から十年になるので、2月に「せんだいメディアテーク」でシンポジウムが予定されており、仙台市内でも「みんなの家」をつくりたいと考えていたのです。そういう相談を仙台の人たちとしようと思っていたら、コロナの影響で延期になってしまいました。恐らく今年の秋に開催できると思うので、そこで実際に「みんなの家」を提案したいと考えています。空き家を改装するような「みんなの家」でもいいので、小さなエリアの近い人たちが集まって話すことは、地震や津波の時に役に立つだろうと思っています。

今、東京のマンションに住んでいますが、マンションでも挨拶する人と全然しない人がいます。僕は犬を飼っているので、犬を飼っている人同士は親しくなるのですが、それ以外は顔を合わせてもほとんど知らない。そういう小さなコミュニティというのは、東京のような大都市でもすごく重要なものだと思っています。

 

_____
大三岛
Omishima
大三島について

 

“一边眺望平静的海面一边啜饮葡萄酒,大三岛逐渐成为了帮助我酝酿与过去不同的建筑思考方式的场所。”

“Tasting the delicious wine while enjoying the stunning view of the calm sea…Omishima has gradually become a place that brought me a new way of thinking about architecture.”

“静かな海を眺めながらワインを飲む。そういう経験によって、今までとは違う自分の建築の考え方を生み出してくれるような場所になりつつありますね。”

 

8.
“大三岛计划”目前完成了哪些具体项目?在这个过程中,您对于日本未来社会的发展以及可能产生的变化有着怎样的看法?
What projects have been completed in the “Omishima Project”?During this process, what is your perspective on the possible changes in the future society of Japan?
大三島では具体的にどのようなプロジェクトをつくりましたか?プロジェクトを進めている中で、未来の日本社会の発展や変化について、気づいたことはありますか。

我大约花了十年左右的时间做岛上的项目。最早建成的是伊东丰雄博物馆。随后,我们租借了空屋并将其改造成了“大家的家”。我们还将一座废弃的老旧小学改造成一个住宿设施。所有建筑项目基本上都是以志愿者的形式进行的。

I spent about ten years or so working on projects on the island. It started with my museum, Toyo Ito Museum of Architecture, Imabari. After that, we rented an empty house and transformed it into “Home-for-All” and worked on a renovation project to create an accommodation facility from an abandoned elementary school building on a voluntary basis.

10年間島に通っています。伊東豊雄建築ミュージアムが最初にでき、それから空き家を借りて「みんなの家」としたり、廃校になってしまった古い小学校をリノベーションした宿泊施設のプロジェクトを進めてきました。建築的なプロジェクトはほとんどボランティアです。

▼伊东丰雄建筑博物馆,伊东大三岛的第一个项目
Toyo Ito Architecture Museum, Ito’s first project in Omishima
伊東豊雄建築ミュージアム、大三島に完成した初めてのプロジェクト ©Kai Nakamura

▼大三岛岩田健母子博物馆
Ken Iwata Mother and Child Museum in Omishima
岩田健母と子のミュージアム ©Katsuhiro Aoki

▼大三岛“大家的家”
“Home-for-All” in Omishima
大三島「みんなの家」 Courtesy of Toyo Ito & Associates, Architects

此外,我们在那里建立了一个葡萄酒庄。虽然我并不会亲自去耕种田地,但项目的相关事宜都是由我和年轻人们合作完成的。通过自己的双手,了解与自然接触、耕种作物的不易,从而认识到农业的重要性。在我年幼的时候,日本非常贫穷。我们在家里的一小片田地里种了黄瓜、茄子等蔬菜,过着自给自足的生活。我现在居住在东京,和“农业”基本上无缘,只是去超市买买蔬菜水果,对于“生产性”的意义几近遗忘。所以我想通过这个项目,通过和土地再次接触,重新去思考建筑。

我计划在4月举办一场主题为“建筑是什么”的讲座,现在正拼命思考这个问题。为此,我查阅了非洲未开化民族部落的照片,看到他们不依赖几何学,建造了许多如同洞窟一般的空间,深受震撼。我不禁自问:现在的自己是否有能力去做出这样的建筑?在这个意义上,大三岛是一个十分安静的场所,时间的流动也十分缓慢。回归到自然环境之中,在那里种植葡萄、酿造美酒,然后一边眺望平静的海面一边啜饮葡萄酒。伴随着这样的体验,大三岛逐渐成为了帮助我酝酿与过去不同的建筑思考方式的场所。

I founded a winery, Omishima Minna-no-Winery, on the island and worked on the project collaborating with young people. Through this project I attempted to raise awareness of the significance of agriculture. It is not easy for people like us to contact with the land, cultivating and reaping a harvest in the natural environment, but at the same time it is undeniably important. This reminds me of my childhood when Japan was not so wealthy and my family planted some cucumbers and aubergines in a tiny field at home, expecting to live a subsistence life. Living in Tokyo, I have almost nothing to do with “agriculture”. Buying vegetables and fruits at supermarkets does not evoke the connotation of “productivity”. But it is supposed to be meaningful, and I decided to take advantage of the winery project to recover my connection with the land and in the meantime to rethink about architecture.

I’m planning a lecture in April on the theme of “What is Architecture”, which is also the question I keep asking myself at this very moment. To do this, I have investigated a number of photograph archives of indigenous people in Africa, and I am really impressed. They build cave-like spaces without relying on geometry. I could not help to ask myself: am I also capable of making such kind of architecture? Omishima is a place where time flows quite slowly and quietly where one can return to the nature, growing grapes for wine-making, tasting the delicious wine while enjoying the stunning view of the calm sea. In this sense, Omishima has gradually become a place that brought me a new way of thinking about architecture.

ただ、ワイナリーを立ち上げて、僕が自分で畑を耕しているわけではないけれども、若い人たちと一緒になってやっていています。農業の重要さ、自然と接してものをつくることがどれだけ大変なことか、重要なことかを自分で学んでいますね。僕の小さい頃、日本は本当に貧しかったので、家の畑で自分できゅうりを取ったり、なすを作ったり、自給自足のような生活をしていたのです。そういう時代を思い出しました。東京にいると、全く農業との関係なしにスーパーで野菜やフルーツを買っていて、生産するということの意味を忘れてしまっている。でもそれはすごく意味のあることで、もう一度土と接しているということから建築を考え直さないといけないなと思っています。

4月に「建築って何だろう」というレクチャーをすることになり、今一生懸命内容を考えています。そのために、アフリカなどに住む未開の民族の集落の写真を見ているのですが、本当に素晴らしい!幾何学に頼らない、洞窟のような空間が作られていて、こういう建築が今つくれるだろうかと思うのです(笑)。そういう意味で、大三島に行くと、すごく静かで、時間もゆっくり流れていく。自然の中に身を置いて、実際にそこで葡萄を育てワインをつくって、静かな海を眺めながらワインを飲む。そういう経験によって、今までとは違う自分の建築の考え方を生み出してくれるような場所になりつつありますね。

▼大三岛上的葡萄酒庄
Winery in Omishima
大三島に立ち上げたワイナリー Courtesy of Toyo Ito & Associates, Architects

 

 

________
建筑与城市
Architecture and City
建築と都市

 

“疫情让我们重新思考都市生活,回忆起了自然的美丽和生活在自然中的好处与快乐……我的心中已经没有关于‘未来城市’的想象了。我甚至对于‘城市是否拥有未来’都抱有疑问。”

“The novel virus brought us an opportunity of introspection, allowing us to recollect the beautiful and delightful memories of staying in nature…Now the idea of a “city in the future” is vanished, and I’m even starting to wonder whether the city has a future.”

“コロナウィルスは色々なことを考えさせてくれると思っています。自然の中の美しさとか、良さとか、楽しさをもう一度思い出させてくれました……今は都市の未来像どころか、都市の未来はあるのだろうかということにまで疑問を持つようになりました。”

 

9.
去年建成的原宿站前大楼WITH HARAJUKU希望颠覆传统的站前大楼的定义,将人们吸引到建筑中,并且能够感受到自然的变化。在这个设计中您是如何考虑城市建筑与自然的?
The WITH HARAJUKU project, which was completed last year, showed an attempt to subvert the traditional definition of a station building, attracting people to enter the structure to engage with the change of nature. How do you consider the relationship between an urban construction and the nature?

去年完成した原宿駅前ビルWITH HARAJUKUは人々を建築の中へ誘導して自然の変化を感じさせます。植物が大きくなったら、建築は一つの小さな山になる構想をしていますが、このデザインにおいて、時間という要素をどのように考えていますか。

这个项目的基地曾经是一座名为源氏山的山丘,是那片地区的最高处。由于基地高差很大,因此我便想在那儿做一座“山”。在这个项目里,我们创造了非常多的外部空间,再过一段时间,植物繁茂起来,说不定会变得更加接近山丘。但是建筑终归是人造物,是没有办法做出真正的“山”的。同时,这是一个商业建筑,我们所能做的是比较有限的。

The site of this project is located at the highest point of the Genji Mountain area. Since there was a significant height difference, I planned to build another “mountain” there. In this architecture we have created a lot of external spaces, and with the plants flourishing, just as you said, it might turn to a hill. But after all it is just a man-made object, there is no way to make a real “mountain”. In the meantime, it is a commercial project, and what we can do with it is relatively limited.

あの敷地はかつては源氏山という山で、周辺では一番高い場所でした。高低差がかなりあるので、山をつくりたいと思ったのです。外部空間はすごく多く取ってあって、緑がもっと育ったら、もう少し山のようになってくるでしょう。人工的な空間ですから、決定的に山をつくることはもちろんできないと思いますし、商業建築なので限界はあると思います。

▼原宿站前大楼WITH HARAJUKU,与自然融合的城市建筑
WITH HARAJUKU, urban building merging with the nature
原宿駅前ビル、自然と融合した都市建築 ©Nacasa & Partners

 

10.
您认为怎样的建筑才能在大城市中重建人与人之间的关系?
What kind of architecture could rebuild the connecting between people in the city?
人と人の関係をつくるためにはどのよう建築が求められているでしょうか?建築家として、東京のような大都市に建物をつくるには、何か特別な問題を解決しなければならないですか。

由于疫情的关系,人们一直处于无法聚集的状态。过去,人们一直认为住在东京这样的大城市里,人们可以聚集在一起,有许多美食可以享用,是一件十分幸福的事情。疫情让我们重新思考都市生活,回忆起了自然的美丽和生活在自然中的好处与快乐,再一次认识到了城市里集合住宅空间的索然无味。一直待在家里,才发现自己住的地方竟然这么无聊。从今以后,大城市也会逐渐发生变化吧。即便疫情平息,生活也回不到过去的状态了。

Due to the epidemic, people have been locked down and unable to get together. In big cities like Tokyo, people have been used to having fun and finding delicious foods in crowded places. The novel virus brought us an opportunity of introspection, allowing us to recollect the beautiful and delightful memories of staying in nature. Contrastingly, I realized that condominiums we now live in look so dull (laughs). I’m really looking forward to the changes that will take place in the big cities after the epidemic, although there’s no way we could go back to the past.

コロナでいま人が集まれない状況が続いています。今まで、東京のような大都市に住んでいる人たちは、人がたくさん集まり、美味しいものを食べることができて幸せだったと思ってきました。そういう都市生活に対して、コロナウィルスは色々なことを考えさせてくれると思っています。自然の中の美しさとか、良さとか、楽しさをもう一度思い出させてくれました。そして都会の集合住宅のような空間がいかに貧しいかも改めて感じさせてくれました。家にずっといると、いかにつまらない家に住んでいるかということを改めて思い知らされたような気がするんです(笑)。大都市は、これから少しは変わっていくのだろうと思いたいですね。コロナ禍が収束しても元には戻らないと思います。

 

11.
您去过世界上很多国家,也在世界各地有项目。您觉得哪些城市比较有趣呢?在您心中理想的未来城市是什么样的?
As you have been to many countries and had projects all over the world, which cities do you think are interesting? What is the ideal city in the future in your mind?
伊東さんは様々な国に行かれたことがありますし、世界各地にプロジェクトがあります。伊東さんが特に面白いと感じた街はありますか?都市の理想的な未来像は何ですか。

在亚洲范围内的话,我很喜欢曼谷。那里交通堵塞非常严重。有一次我坐着车,突然下起了大雨,所有地面交通都瘫痪了。原本乘坐巴士的人们下了车,在巴士旁边,和巴士一起步行前进。他们看上去不慌不忙,甚至有些乐在其中,让我不禁觉得这真的是一座很好的城市。如果是在东京的话,人们肯定会烦躁不堪,但在曼谷却完全不会,我果然更喜欢有历史韵味的城市。

小时候,我觉得东京是最厉害、最具未来感的城市。但是现在,我的心中已经没有关于“未来城市”的想象了。我甚至对于“城市是否拥有未来”都抱有疑问。

Within the scope of Asia, I really like Bangkok. I remembered once I was caught in a storm when I was in a car, and the traffic came to a standstill. Unexpectedly, I found people got off the bus and composedly walked down the street, moving forward with the bus together. They looked so leisurely, and even a bit happy (laughs). I was like, this is really a nice city. If it was in Tokyo, there’s no doubt that people would get annoyed. That is the kind of city I really appreciate. I like cities that have a unique history.

I always thought Tokyo was a fascinating city when I was a teenager, appreciating for its “futuristic feel”. Now the idea of a “city in the future” is vanished, and I’m even starting to wonder whether the city has a future.

アジアだったら、バンコクが好きです。すごい交通渋滞で、車で移動している時に大雨で全然動かなくなってしまったことがありました。そしたらバスに乗っていた人たちが降りて、バスの脇を歩きながら、ずっとバスと一緒に歩いてるのね。そうやって、イライラしないで楽しそうにしていて、ここはいい街だなと思ったんです。東京にいると、みんなもうイライラするでしょう。そういうことはないような気がします。やっぱり歴史のある街は好きですね。

小さい頃は、東京はすごい街、一番未来的な街だと思っていたのですが、今は未来像はないですね。都市の未来はあるのだろうかということにまで疑問を持つようになりました。

 

______
伊东塾
ITO School
伊東塾

 

“伊东塾里,我们会围绕‘家是什么’这个问题展开综合性训练,孩子们对此很感兴趣……现在的时代中,人们都变得不怎么思考了。所以,我想在明年面向会员开展以‘思考’为主题的新项目。”

“In ITO School, students would grasp the concept of ‘home’ in a comprehensive way, which they are really interested in…We are now living in a time where people tend to stop thinking. Therefore, I would like to conduct a new program around the theme of ‘Thinking’.”

“伊東塾では、「家って何だろう」というように一つに総合して考えるようなトレーニングが行われているので、すごく子供達は興味を持ってくれます……今の時代は、みんなあんまりものを考えなくなってしまいました。なので、来年の会員向けの講座では「考える」ことをテーマにしたいと思っています。”

 

12.
您在2011年开创的伊东建筑塾到现在已经走过了十年,在这十年中,有哪些令您难忘的课题?未来还会开展哪些新的课题?
It has been ten years since you initiated ITO School in 2011. What do you think was one of the most interesting programs and seminars finished in this decade? What new topics will ITO School be working on in the future?
2011年に伊東建築塾を設立して10年が経ちました。この10年間、伊東さんの中で、特に印象深い課題は何ですか?生徒に教えたい知識や理念についても変化はありましたか?今後、どのような新しい課題がありますか。

伊东塾中,有一个项目是教小学生思考建筑,如“家是什么?”“城市是什么?”之类的问题。我们每年都会募集20名小学四年级到六年级生(10岁~12岁)的学生,大家在一年中共同思考类似这样的主题。大学建筑系的学生担任助教,项目进展得颇为顺利。那个年龄段的孩子每年变化都会非常大。一开始,孩子们会放飞自己的想象,比方说“家”,会出现像是 “飞在空中的家”之类的各种各样天马行空的想法。长到六年级的时候,孩子们会开始理性思考,思考如“结构如何处理”等问题。我很想让他们直到进入大学建筑系都保持自由思考的状态,但遗憾的是大家渐渐地都会回到“常识”中去。有时,助教们学到的可能更多。学校里,孩子们会画图,会在社会课上学习有关家庭的知识,二者是分别进行的。伊东塾里,我们会围绕“家是什么”这个问题展开综合性训练,这在其他地方是没有的,孩子们对此很感兴趣。许多孩子一连三年都会过来。其中有一些孩子非常棒,无论是在画图还是模型制作上都极具天赋。

One of the programs at ITO School is to teach elementary school students how to think about architecture, asking them questions like “What is a home?” or “What is a city?”. Every year the school takes in 20 children of 10-12 years old, almost from the fourth to sixth graders of elementary school. The program runs for one year, with architecture students from the university as teaching assistants, which makes the program more effective. It is very interesting to see the children change greatly within a year. During the first year, they are freewheeling and come up with all sorts of ideas, such as “a home that flies in the air”, and so on. But by the time they reached the sixth grade, they started to think in a rational way, and would ask questions like “How to deal with the structures?” Personally, I really hope that they could maintain the state of free-thinking and never get in touch with architectural theories until they enter university, but everyone grows up with the “common sense” eventually (laughs). From this perspective, perhaps the assistant teachers from universities are the “students” who learn more. At an elementary school, students get training in drawing, making crafts and learn the concept of “family” on social classes in an independent way. However, in ITO School, students would grasp all of these in a comprehensive way. They are really interested in the process of this comprehensive training, and that is why the children are so willing to come. Many of the students have been participating in the programs for three years, and some of them are very talented, whether in drawing or model making.

一つは小学生に建築を考えてもらおうと思い、例えば、「家って何だろう」、「街って何だろう」など、毎年小学校の四~六年生(10歳~12歳)の20名の子供に限定して、一年間同じメンバーでそういうテーマを考えています。大学の建築学科にいる学生さん達にTAをお願いしていて、それは非常にうまくいっています。このぐらいの年の子供達は毎年すごく変わっていくんです。最初は自由奔放に自分のイメージをつくります。「家」と言っても、「空を飛んでいる」とか色々なアイデアが出ています。六年生ぐらいになると、もう少し理性的に考えるようになってきます。例えば、「構造はどうなっているんだろう」というようなことまで考えるようになり、すごく面白いです。自由奔放な考えのまま大学の建築学科に進んで欲しいと思のですが、みんな常識的になってしまうので(笑)。TAの人たちが教わることの方が多いぐらいです。学校では、工作で絵を描いたり、社会で家族のことを勉強したりとバラバラにやっているけども、「家って何だろう」というように一つに総合して考えるようなトレーニングはないので、そういう意味ではすごく子供達は興味を持ってくれますね。三年間続けてきてくれるような子供も結構いますし、絵を描かせても模型を作らせても、ものすごく素晴らしい子供もいます。

▼伊东塾中的儿童学校
project for children in ITO School
伊東塾子供向けのプロジェクト Courtesy of Toyo Ito & Associates, Architects

另外一个则是面向大人的项目,一直专注于思考大三岛。最初我们只是作为团队经常去大三岛,思考能为大三岛做些什么力所能及的事情。渐渐地,有三四个人搬去了岛上居住,其中有些人开始从事农业。在伊东塾中能够出现这样的人,这令我感到非常高兴。

现在的时代中,用手机可以查到任何想要知道的事情,渐渐地人们都变得不怎么思考了。所以,我想在明年面向会员开展以“思考”为主题的新项目,针对“建筑是什么?”“城市是什么?”“设计是什么?”“生命是什么?”等问题举办六场活动,每两个月一场。第一场将由我以“建筑是什么”为主题发表演讲。虽然讲座本身是面对大人的,但我会让孩子也参与进来,尽量做出让小学生也能理解的内容。对此我感到十分期待。

There is also a program for adults, which has been focusing on the Omishima project. For the first couple of years, we went to Omishima regularly in the form of a group, in order to find some new opportunities to re-vitalize the island. Gradually there were about three or four people who decided to move to the island, and some of them started to engage in agriculture. I’m happy that the school can have members like them.

We are now living in a time where people tend to stop thinking, especially with the rise of social networking, where you can search out anything you want to know by picking up your smartphone, including when you need to do surveys. Therefore, I would like to conduct a new program around the theme of “Thinking” triggering a set of discussions on topics like “What is architecture?”, “What is a city?” or “What is life?” for a total of six sessions, one every two months. The program will start with my lecture on the first topic “What is Architecture”, and I’m also letting the children to participate in. Although the lectures are intended for adults, I’m trying to make the contents also accessible to elementary school students. This is what I’m now very much willing to do.

もう一つ大人の塾ではずっと大三島のことを考えてきました。最初の何年間かは自分たちで大三島に通ったりしながら、大三島で何かできることはないだろうかと考えてきました。大三島に移住した人も三、四人いて、今は農業をしている人もいるんです。そういう人たちが出てきてくれたことは塾で嬉しかったことですね。

今の時代は、携帯で調べれば何でもすぐ分かってしまうので、みんなあんまりものを考えなくなってしまいました。なので、来年の会員向けの講座では「考える」ことをテーマにしたいと思っています。「建築って何だろう」とか、「都市って何だろう」とか、「デザインって何だろう」とか、「生命って何だろう」というようなことを6回、2ヶ月に1回開催しようとしています。まず、第1回目は僕が「建築って何だろう」というテーマでレクチャーする予定です。大人向けに話すんだけれども、子どもにも参加してもらって、小学生の子どもでも理解できるようなレクチャーにしたいと思っています。すごく楽しみにしています。

▼大三岛伊东塾合宿
activity of ITO School on Omishima
伊東塾大三島合宿 ©Manami Takahashi

 

 

_______________
有关伊东丰雄事务所
About TIAA
事務所について

 

“我们的员工有着相当高的自由度,很多人会说我们事务所是‘优秀建筑师的摇篮’,可能也和这种工作方式有关。”

“It is the tradition of our office to allow everyone to have a relatively free way of working, and this may also be the reason why our office is often commented as ‘the cradle of outstanding architects’.”

“かなり自由なので、よく人からうちの事務所から優秀な建築家が出てきますねと言われるのですが、スタッフが育つのはそういうやり方のせいかなと思っています。”

 

13.
事务所目前处于一种什么样的工作状态?您在其中扮演着怎样的角色?可否谈谈最近正在进行和即将开展的项目?
What is the current state of your studio’s work and practice? What kind of role do you play in it? Could you please share us some of the studio’s ongoing and upcoming projects and plans?
現在、事務所はどう運営していますか?伊東さんはどのような役割を担っていますか?今進行中のプロジェクトやこれから始まるプロジェクトについて教えていただけますか。

我们事务所目前员工大约有三十名,包括一些在施工现场的驻场建筑师。另外,在巴塞罗那有一个由两三人组成的小分社。一个项目刚刚开始,我首先会和大家说明这个项目的主题为何。在这个基础上,像是内部竞赛一样,大家开始各自的思考,给出各种各样的提案。我自己当然也会出方案,大约七成的情况都是我的方案最好,不过也有年轻人的想法更好的时候。我们没有什么层级观念,有时会以年轻人的方案作为讨论的起点,在此基础上由数人团队进行深入思考,每天不断改进,最后呈现的作品是属于集体的成果。虽然我会定下最基本的设计理念,但是方案本身是大家一起创作和推进的。我们的员工有着相当高的自由度,这是我们事务所的特点。很多人会说我们事务所是“优秀建筑师的摇篮”,可能也和这种工作方式有关吧。

说到正在日本进行的项目,我们正在茨城县一个名为水户的地方建造一座大型木造综合体,其中包括一个可以容纳2千人的剧场。这个项目现在正在施工,可能还需要两年左右才能完成。同时,我们在新加坡有一个长约200米的木造项目,位于校园之内,这个项目的骨架基本上都已经搭建好,大约在明年春季就可以完工。在这个项目里,我们使用了由巨大的集成材构建的梁柱系统。

在中国,我们有一个宁波项目,最早是要建一座图书馆,在设计过程中规模逐渐变得越来越大,慢慢变成了一个面向市民的以图书馆为主体的交流中心。预计今年会开始动工,一旦工程开始,以中国的速度,应该很快就可以完成。项目的设计其实很早就已经开始了,但是因为规模一直在变大,迟迟无法动工,所以一直持续到了现在。

The office currently has about 30 staff members including the on-site architects. In addition, there is a small branch office of two or three members in Barcelona. As I mentioned in the beginning, a project starts like an internal competition, for which I first explain to everyone what the theme of the project is, and encourage each member of the team, including me, to think about it individually and put forward their own proposals. Basically, about 70% of cases my proposals are recognized as the best ones (laughs). But there are times when the young members have better ideas, and then we will use their proposals as a starting point for further discussions — we do not actually have a hierarchy in the office. After that, the team continues to deepen the proposal and changes will take place every day. The final proposal is always the result of collective ideas by the whole team. Generally, I will give a basic frame of thinking, but the proposal is produced and promoted by everyone together. It is the tradition of our office to allow everyone to have a relatively free way of working, and this may also be the reason why our office is often commented as “the cradle of outstanding architects” (laughs).

Speaking of the ongoing projects in Japan, we are now working on a large project in Mito, Ibaraki, which is a cultural complex including a grand theater with a capacity of 2000 people. This project is now under construction and may take about two more years to complete. In the meantime, we have another project in Singapore, a 200-meter-long wooden structure built within a school campus, and most of the structure has already been set up and will be completed around spring next year. Large laminated timbers have been used in this project to form the columns and beams.

In China, we have a project in Ningbo, which was firstly conceived as a school library. This project has greatly extended in its scale during the process of design, and gradually became a cultural center for children with the library as a core. The construction is expected to start this year, and it is likely to be completed very fast in consideration of the “speed of China” (laughs). In fact, the design process has taken several years due to its increasing footprint, so the construction was also delayed.

30人ぐらいのオフィスで、現場に常駐している人もいるし、その他にバルセロナには2~3人の小さなオフィスがあります。一つのプロジェクトが始まると、今回のプロジェクトはこういうことがテーマではないだろうかということを僕がまず話し、それに基づいてみんなが考え始めて、コンペティションのように色々なアイデアを出していく。僕もアイデアを出すのです。大体七割くらいは僕のアイデアの方がいいんだけども、若い人のアイデアがよい時もあります。そこにはヒエラルキーはなく、若い人の案でスタートすることもあると。でも、その案で、また数人のグループで考え始めて、毎日のように変わっていくので、結局、グループとしての作品ということになっています。基本的な思想は僕がつくるんだけれども、案そのものはみんなでつくるというのは、我々のオフィスの特徴です。かなり自由なので、よく人からうちの事務所から優秀な建築家が出てきますねと言われるのですが、スタッフが育つのはそういうやり方のせいかなと思っています。

日本では茨城県の水戸という町に、大きなプロジェクトがあります。2000人収容のオーディトリアムとその他の機能からなる複合施設です。今現場が進行していますが、まだ2年ぐらいかかる予定です。シンガポールでは長さが200メートルぐらいの木造プロジェクトも進んでいます。あるキャンパス内の建物です。これはもう大分現場が立ち上がってきていて、来春ぐらいに出来上がる予定です。大きな集成材による柱と梁を使ってつくっています。

中国では寧波で学校図書館のプロジェクトがあるのですが、だんだん規模が大きくなって、街の人たちも使えるような図書館を中心にした子どものための文化施設に変わりつつあります。恐らく今年着工して、着工したら中国は早いですからね(笑)。設計はかなり前にスタートしたのですが、どんどん規模が広がっているから現場が始まらなくて、というような状況です。

▼伊东丰雄
Toyo Ito
伊東豊雄 ©FUJITSUKA Mitsumasa,photographed at “Home-for-All” in Omishima

More: 伊东丰雄建筑设计事务所Toyo Ito & Associates, Architects on gooood

版权️©谷德设计网gooood.cn,禁止以gooood编辑版本进行任何形式转载Copyright©gooood

发表评论

随机推荐工作 所有工作 »